2016年12月27日

12月8Fだまこ鍋パーティ

1227日 8Fでは忘年会形式で鍋パーティを行いました。

鍋にも色々ある中で大阪ではなかなか食べる事が出来ない

秋田県の郷土料理のきりたんぽ鍋を作る事にしました。

きりたんぽとは米飯をすりつぶし竹の串などに塗り付け

炉端で立てて焼いたものです。

姿がたんぽ槍に似ている事からこの名があるそうです。

今日は家庭で簡単に作れるものという事でご飯を潰して3センチに丸めた

物をきりたんぽ鍋の作り方で作りました。

ご飯を潰す所から丸める所までご入居様と一緒に作りました。

材料はねぎ、糸こんにゃく、ごぼう、舞茸、せりです。

出汁に具材を入れて、だまこを入れて煮詰めるとだまこに

味が染み込んでとても美味しく出来上がるのです。

出汁は本場の物を取り寄せたので本場に近い感じで作る事が出来ました。

皆さん食べ慣れていないメニューでしたが美味しいと言って沢山

おかわりして下さり有り難かったです。

〆には豆腐やうどんを入れて皆さんお腹いっぱい食べて下さいました。

普段少食の方も2回3回とおかわりされ美味しかったようです。

また飲み物にはノンアルコールビールやサワーなどを提供し

こちらもまた皆さんに喜んで頂けました。

素敵な笑顔の写真をたくさん撮影したのですが、残念ながら消えてしまいました。

だまこ鍋とはどういう物か画像を載せておきます。

12月8F.jpg
posted by アネシス寺田町 at 15:00| 有料老人ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする